読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパはボランティア

クラブナンパ、ストリートナンパ中心。アラサーリーマンナンパ師の呟きでございます。活動は主にツイッターです。

スポンサーリンク

ナンパを始めたきっかけ① 高校生編

どうもYです。

ブログ放置し過ぎだなと思い立ちました。

 

ナンパブログを書いている先輩方がナンパを始めるきっかけをよく書かれているので、

マネして自分も書いてみたいと思います。

 

まずは、もともと私は女の子が苦手でした。

というより異常に真面目でした。というかかっこつけてただけかもです。

 

中高男子校でしたので、出会いがなく、たまに女子高の子とコンパなどがあるのですが、何を話していいか分からないんですよね。

お前、普段うるさいのになとか友達には言われーのな感じで。

 

 

高校2年生の学園祭の時なんですが。

まあ男子校の学園祭は、女子高の子がいっぱいやってきてナンパするのです。

 

チキンな私はもちろん声などかけることが出来ずにいたわけです。

で、近くの女子高の子で凄く可愛いなと思った子がいたんですよね。

まあ思っただけで、学園祭終わったんですよ。

 

1ヶ月後に女子高の子がYのこと気に入ってる女の子いるから番号教えていい?

と言われ、教えたわけですよ。

 

そしたらですね。その学園祭で可愛いなと思っていた子だったんですよ。

正直びっくりしました。

で、その子と会ったんですが、めちゃめちゃ緊張してしまって話せなかったんですよ。

 

ただ、その子にかっこいいなと思って学園祭の時ずっと見てたんですよ。

とか言われて。

その時に、え、俺ってカッコいいのか?と始めて認識したんですよ。

 

要はですね、基本的に自分のことをどう思うかも大切だけど、

どう思われているかの方がよっぽど大事なんだなあと思ったわけですよ。

ああ、自分に自信持ってもいいのかなと思ったんですよね。

 

というお話です。

 

その子とは特に何もなく、多分その子は僕のこと好きだったとは思うのですが、どうしていいか分からなかったんですよね。

そして、何度かそういうどうして良いか分からないことが連発し、私の高校生活は終るのです。