ナンパはボランティア

クラブナンパ、ストリートナンパ中心。アラサーリーマンナンパ師の呟きでございます。活動は主にツイッターです。

スポンサーリンク

結局いけるかいけないかは初対面の印象で決まっちゃてる

まあツイッターなどで、私はこうしたらモテるみたいな理論をこねくりまわしておりまして、

そんな色々考えても意味ないんじゃないですか?

とたまに言われたりするんですが、

 

正直なところそう思っております。

 

例えばストでも話し掛けた瞬間にイケル奴はいける、イケナイ奴はいけない。ってのが決まってるなあって思うことはよくあるのですよ。

結局ナンパは確率論でしかないというところがあるわけです。

 

まぁ出会いがない子かもしれない。

彼氏と別れたかもしれない。

なので、やっぱり行ってみないと分かりませんなあって思ったことは何度もあります。

 

高石さんのブログにも、OKなのか、NGなのかを判断するために声掛けする。

と、ありましたが。

 

これめっちゃそう思います。

結局、自分のことを良いかダメかを決めるのは相手次第なんで。

 

まあ数いけば当たるっていうものではあるのです。

当たり前のお話なんですが。

 

なのでやはり自分のスペックってのも非常に大事になってしまうと思うのです。

 

自分のスペックを上げるってことは重要だとは思うのですが、顔とかはまあ変えれないし、髪型、服装、肌の手入れなど、変えれる部分は決まってくるわけだと思います。

 

大切なのは、

自分の限界まで頑張ること。

自分が自信持てるまでスペックを上げるということに拘ってみること。

かと思うんですよね。

 

人がどう思うか?はさておいといて、とりあえず自分でまあこれなら頑張れるかなあでいいと思うんです。

 

街に出ても、クラブに行っても、自分よりカッコ良いやつなんて山ほどいるわけですよ。

なので、自分なんてどうせってなってしまうのではなく、

自分でもきっといいって思ってくれる人はいるさ!

という前向きな思考が自信につながって、上手くいく手助けになるのは間違いないのです。

 

まあ自己啓発とかでも思い込みの力はほんと凄いんですよ。

友達に教えてもらったんですが、

 

手を伸ばして、その上に誰かに手を置いてもらいます。

で、上がる、上がると唱えて手を上に挙げたときと、

上がらない、上がらないと唱えて手を上に挙げたときだと、

圧倒的に上がると唱えて手を上に挙げた時の方が力が入るんですよね。

 

営業でも、自信を持って紹介してくれている。

ナンパでも、自信を持って話し掛けている。

全てにおいて自信を持ってやっている人じゃないと、人は信用し難いものなので。

 

何で端的にスペックを上げるためには自信を持つってのがほんと大事なんですよね。

次回自信を持つことをもっと書いてみたいと思います。

 

とにかく、何やかんや考えるのは確率を上げるということでしかなくて、

行動しないと何も分からないじゃないか!

ということです。