ナンパはボランティア

クラブナンパ、ストリートナンパ中心。アラサーリーマンナンパ師の呟きでございます。活動は主にツイッターです。

スポンサーリンク

女性はカテゴライズしている

前提として、女の子は男の人をある程度のカテゴライズしているかと思います。

 

①どうでも良い人

②友達になれる人

③付き合いたい人

④男遊びしても良いかなと思える人

 

だいたいこんなとこかなと。

 

ですので女遊びをするうえで、自分のやり方としては上記の④と思ってもらえるようにやっていくというのが基本路線です。

 

もちろん最初からこの人、かっこ良い!こんな人なら抱かれても良い!

なんてなってたらイージーゲームなのですが、私のスペックではそんなことはなかなかないわけです。

 

ではどうするか?ですが、

 

まず絶対的に必要なことは、自分がどういうスタンスかを示す!ことですね。

 

①自分は今まで結構遊んできた。

②今はほんとに良いなって思う人じゃないとセックスしたいなとは思わない。

③何か仲良くなれる人ってちょっと喋ったら分かるけどあなたはそんな感じする。

 

などの基本路線を提示します。

で、セックスするとか悪いことのようにいう女の子いっぱいいるけど、セックスするとか悪いことじゃないやん!っていうのを押します。

お互いしたいと思うこととかなかなかないし、そう思えたらそれって良いことだと思うけどね!みたいな感じで押します。

 

自分は対峙する女の子のレベルによって変えますけど、

 

押してもっていけるタイプの子はそれなりに、はいはい行くよ!って感じで押します。

まあそれでいけます。

 

ただ、ちょっとスペック高くなると、押すだけじゃだめです。

自分のスタンスを提示したうえで、別に騙そうと思ってるわけじゃないし、

無理やり何か酒飲ませてどうのこうのしようとか思ってるわけでもないから、

あなたが良いなと思ったらで良いよ。

1人でやることじゃないから。

ぐらいに一旦引いて、相手の判断を促すようにもっていくのも必要です。

 

一旦引くと、食いつきがあれば迷います。

迷ってるなと感じたら、どういうとこが問題なの?

信頼出来ないとか怪しんでることとかあるの?

と聞いてあげて解決すると進展し易いですね。

 

なので、

一般的な恋愛講座みたいなんで提示されているような、

女の子の話しを聞きましょうね!とか、

女の子はこういうこと言われるのが好きだからこういうこと言ってあげましょうね!とか、

そういった方法論は、どうでも良い人や友達みたいな関係になり易い印象です。

 

女の子は基本的には男の人に引っ張っていって欲しいと思っている!

 

という大前提を重要視し、それが出来る男になれれば色々と変わっていくものではないかと思いますね。