ナンパはボランティア

クラブナンパ、ストリートナンパ中心。アラサーリーマンナンパ師の呟きでございます。活動は主にツイッターです。

スポンサーリンク

えっちゅうさんとのサシ飲み企画

今回は関西出張の際に、えっちゅうさんに会ってきました!!!

えっちゅう (@ecchu_tatsuo) | Twitter

ブログはこちら

http://ecchu.doorblog.jp

関西に行くと、やはり僕が最も尊敬するロマーリオ大先生と
会ってしまうので、今回は自分からアポを取って、えっちゅうさんに会いました。

えっちゅうさんに最初会ったのは、
キャリーさんが僕が関西に行った時に歓迎の飲み会なるものを開いてくれた時でした。

その歓迎飲み会は、キャリーさんが東京来た時に、
僕が飲みましょう!と声を掛けたお礼として開いてくれたんです。
その際はキャリーさんありがとうございました。

えっちゅうさんはもともとしゃおろん塾からナンパ始めてって感じだと思います。
しゃおろん塾は2013年に、年30万円という受講料で、
結構物議を醸しました。
まぁ今思うと、結局は高い安いというか、自分が納得すればそれで良いとは思うんですが。

2012年ごろからしゃおろんさんのブログがめっちゃ人気で、
確かにめっちゃ面白かった。
ナンパで検索すると、1番上にしゃおろんブログが出てきてましたし。

基本的なしゃおろんさんのナンパ路線は笑いを取っていくスタイルで和んで、
和みの中で下ネタなり、相手に踏み込むようなトークだったりを
ぶっこむというやり方でした。

特に女の子に話掛けるオープンのネタとかは、
目から鱗な内容で、当時僕もめっちゃぱくってたし、参考にしていました。
ちなみにそういうスタイルでは、今の関西ではロンブー君って子が
近い感じなのかなと思います。

えっちゅうさん見ててもやっぱりしゃおろんさんの影響受けてるところ
色々あるなと思うんですが、
基本的に楽しいと思ってナンパしているってところなのかなと思います。

話してて、常にエッジのある発言をすることを心掛けていると。
やっぱり面白いって何かって言ったら、周りと違うって部分なのかと僕も思います。

皆と同じだったら全然面白くないと。

けど最近の子達は自分の色を全然出さないというか、
みんな人の真似とか、
なんか人に合わせたりしている。

せっかくプライベートなんだし自由なんだから、

自分の好きなように楽しいことしたら?

ってのは僕も本当にそう思う。

えっちゅうさんにはふざけてなんぼやろ!
みたいな感じがして、
そういうところ、非常に良いなと思います。

特に僕は新しいこととか考えるの好きなんで、
こういうこと言ったらどうなんやろとか
新しいことを考えては女の子に試してみたりとかします。

それがやっぱり何の関係性のないところから
関係性を作るナンパの楽しさなんじゃないかなと思うし。

ちなみにえっちゅうさんは和むのが上手いなと思う一方で、
ブログとか読んでても、
何かふざけてセックスしよう!みたいな感じで
もっていっているような感じするんですよね。

それはそれで全然ありなやり方なんだけど、
もっと圧力で攻めるような感じで攻めても良いかなと思います。

やっぱり女を落とすっていう一つの面白味としては、
相手の心を揺さぶって自分のことを好きさせるみたいなところあると思うんですが、
やっぱりそういうの上手いのはロマさんだなって感じです。

そのためには相手を上回る力強さみたいなのも必要になってくると思うし、
そういうのがないと、
割と高いスペックの女の子には刺さってこないんじゃないかなと思う。

結局は弱気でいくか、強気でいくかってとこが大事だし、
ここぞという時に攻めれるかってのが大切なのかなと思います。

ということで、また殴り書きみたいな感じになっちゃいましたけど、
まとめとして一番えっちゅうさんが言っていたことで、
それ良いなと思ったことを。

えっちゅうさんは新しい人といっぱい合流しているみたいなんです。
ナンパってものが凄く面白いものだと思ってるので、
もっとみんな知って楽しんでくれたらなと思うとのこと。

ブログでも、みんなナンパは面白いよってのを伝えたいし、
別に門戸を狭めたいとは思わないとのこと。

僕も本当に同意だけど、なかなかクレクレ厨な人も多いので、
新規の人に会おうというモチベないんだけど、
えっちゅうさんはその辺凄いなと思いました。

なんせ、しゃおろん塾にたくさん入学してましたが、
こうやってえっちゅうさんみたいに自分をしっかり持って発信している人が
殆どいなかったところを見ると、
結局は自分がどう考えてどうするかってところに人間は帰結するんだなと思いました。