読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパはボランティア

クラブナンパ、ストリートナンパ中心。アラサーリーマンナンパ師の呟きでございます。活動は主にツイッターです。

スポンサーリンク

サシ飲み企画 アジアン北澤編

さて、今回はアジアン北澤さん編です。

アジアン北澤 (@asiankitazawa) | Twitter

アジアン先生については色々思うところあるんで、
何ともまとめられない部分あるんですが、
彼には本当に色々学ぶところがあるなぁと思います。

彼の特長を一言でまとめると、
常に自然体で楽しくしてるってところですね。

僕と同じく彼もナンパ師の中では
年長者的な扱いにはなるんですけど、
彼ほど年下に偉そうにせず、皆に慕われている人はいないなと。

何ていうか、
みんなのお兄ちゃんみたいな存在です。

最近、僕の中で人のことを褒めよう!って自分の中でテーマなんだけど、
僕は男同士になると素直に
相手を褒めるのって何か恥ずかしいなと思っちゃうタイプです。

けど彼はサラッと人のことを褒めたりするんですよね。
Yさんのこういうところ良いですよね!
って自然に言ってきたりしてくれるので、
そういうのって普通に嬉しいなって思っちゃいますね笑。

それに彼がそういうことが出来るのって
やっぱり芯があるからなんじゃないかなと思います。

芯がある人ってやっぱりカッコ良いなって思うんだけど、
じゃあ芯があるってなんなの?
って話で。

色んな人に会ってみて、芯のある人の共通点って

これは正しい

これは間違っている

ということに対して凄くしっかり発言するところなのかなと思う。

それが彼はしっかりしているんですよね。


彼はよく言っているけど、

人がどうとかどうでも良くない???と
自分が楽しいと思う人と遊べばそれでよくない?と。

まぁ彼は凄いシンプルなんだなと。

当たり前のことを当たり前に考えて実践するって僕的には
凄く難しくて、

周りの目も気にしちゃうし、
周りの影響も受けてしまったりする。

当の本人はそれに気が付いてなかったりするからまた
ややこしいんだけど、
みんなそういうところってあると思うのよね。

人生観って人それぞれあるとは思うんだけど、
僕的な人生観は、楽しい人生送りたいってことで、
彼はそれをしっかり実践している。

それに、常に周りのことを見ているし、
人のことを考えているし、
間違ったことにはしっかり怒る。

彼の良いところは間違っていることは間違っていると言うけど、
人がどーだとかあーだとか、
悪口とか陰口とか一切言わないのよね。

結局、そんなことしても面白くないじゃん。

言いたいなら本人にちゃんと言うわ!っていうタイプ。

そういうところ本当に男らしいなと思う。

あと、やっぱりナンパしていると、
こういうタイプの人を即ってるなってのがあるんだけど、

彼は割と、ちゃんとした子もしっかり即っているのよね。

それに、別に即にこだわるとか、

準即にこだわるとかもない。

別に相手がやりたくない日だったら、
また会えば良いしって感覚なんですよね。

彼は俺はナンパ師じゃなくて、遊び人だからって言っていて、
僕も本当にそう思う。

だから可愛いなと思ったら付き合うし、
良い子だなって思ったらキープする。

まぁ相手からしたら少し迷惑なのかなとも思うところあるんだけど、
彼は一人一人の女の子に対して、
しっかり女の子扱いして優しいから、
そんなことも出来るのかなとも思う。

まぁ彼は和むのがめっちゃ上手くて、
正直、周りにいる人の中でも一番上手いかなと思う。

コンパとかでもどんな女の子に対しても、
盛り上げるし、誰とでも楽しく喋るスキルは本当に凄いと思う。

けど、とにかく踏み込まないんですよね笑。

人は人だしってのが強いんだと思う。

だから別にその子に対してあーだこーだ言ったりもしないし、
圧力で押していったりしないのよね。

彼は常に対等に接していくから、
主導権を握りにいったりしないんですよね。

そこは僕とは違うタイプだなと思います。

僕は主導権を握りに行きたいタイプで、
相手に踏み込んでダメージ与えるようなタイプなんで。

まぁ別にどっちが良いとか悪いとかじゃないんだけど、
彼ほど頭が良かったら、
主導権握りにいくようなやり方も出来るのかなと思うし、
堂々とするような雰囲気を全面にやることも出来るのかなと、
思いますかね。

彼は人によると少しなよっているようにも見えるから、
男らしい人が好きって女の子には刺さりが低いのかなとは思いますね。
性格としては男らしいタイプなんで、
分かってくれる女の子はちゃんと分かっていると思いますが。

ちょっと褒め過ぎたような気もしますが、
僕はかなりアジアン推しですので、
これからも仲良くして貰えたらなと思いますね。