読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパはボランティア

クラブナンパ、ストリートナンパ中心。アラサーリーマンナンパ師の呟きでございます。活動は主にツイッターです。

スポンサーリンク

男慣れしている女の子を口説く方法論

ナンパ

関西のパカパカ君って子のブログが、ナンパ界隈にて、軽くバズってました。

↓こちらの記事
alpaca003.blog.fc2.com

要は凄い可愛いくて食い付きあったけど、ダメだったって話です。
結局彼氏がいたという事実が後で発覚して、ダメな理由はそこだったという話です。

けどまぁこの子、良い子ですよね。
僕的にはちゃんと断られた方が、何か気持ち良いなって思うこともありますし。

ナンパ界隈はセックスした数を追うってのが、基本としているけど、
僕的にはちゃんとした女の子にもちゃんと対峙するってことも重要なのではと思う。
まぁちゃんとしているっていうか、男慣れしている子は、普通の口説きでは通用しないなと思う。

そこで、そういう男慣れした子と接するときにどうするかを考えようと思う。

まず僕が思う大前提なんだけど、

結局男女関係ってのは、男がどうしたいかを提示して、
女がそれを受けるかどうかに尽きる

ということです。

けどですね、

自分が女を口説き落とすこと

ってとこに注力している人が多い。

勿論メディアとかブログでも、口説き方という視点でしか見てないし、
僕としては、押さずに相手をコントロールしていくことも推奨したい。

女の子と対峙した時に、押すだけでセックスに持ち込める子もいれば、
押すだけではセックスに持ち込めない子もいるんです。

どっちが良いかってのは人それぞれで、結局は節操観念と、
その子のプライドの問題にはなってくるのだけど、
後者は自分の価値観をしっかり持った子が総じて多いのかなと思う。

まず、最も大切なことは、

相手の本音を話させること

です。

これは男女ともに言えることなんだけど、

人は本音を話せる人を信用する

のです。

ではどうすればそう出来るのかってところなんだけど、

一番の基本は、

この人なら話しても良いかなって相手に思って貰うこと

なんです。

ここが凄く難しくて、

相手のことを良いなと感覚的に思っていた場合、

嫌われたくないという心理が発動する

これって、ある意味自分のことを話さないってことにも
繋がってきちゃったりする。

そこで大切になってくるのが、

この人、本音で話してきているから、私も本音で話そうと思わせること

になってきます。

そこで、上手に話をもってくやり方を紹介します。

よくあるトークなんだけど、

どういう人がタイプなの???

って相手に聞く。

相手からもどういう人がタイプなの???

って聞いてくる。

ここで、

本音で正直に話をしてくれる人がタイプかな

って言えばいいんです。

特に綺麗な子であればあるほど、心を開かない子は多い。
もっと言うと、コミュニケーション能力が高い子ってのは、
心を開かない子が多い傾向にあると思う。

トークの流れとしては、

「可愛いとか綺麗とかそういうことよりも、
そっちの方が大事かな。

あなたは人として凄い魅力的だなと思うけど、
なんか本音で話をしてない感じがするのよね。」

そういう流れを作れば、

そんなことないよ、とか、なんでそう思うの?

とかを引き出せる。

他人がやっているコンパとか、キャバクラで他の客が口説いているのとか見てて思うけど、
基本的に自分は可愛いと思っている→俺はこんなすごいんだ→付き合おう
みたいな、安易な口説きしかしていない。

勿論それで落とせる女の子もいるんだろうけど、
それじゃ無理な場合もある。

結局大切なことは、
如何にその子が他の人には話さないことを話させるか、
ここが肝心なんです。

女好きさんが、凄い良いこと呟いてたので、紹介します。
(女好きさんとは、昔からナンパしている人ならだれでも知っている、ナンパ界の超絶カリスマです。)

結局、器が大きいとは何ぞやになる。
自信を持っている雰囲気があるとか、余裕があるとか、
そういう部分なんだろうけど、

それって結局、どういう姿勢であなたと関わりたいかをしっかり提示して、
相手の話を聞けるかに尽きる

そういう姿勢が余裕のある雰囲気を生む。

ただ、先ほど言ったように、

可愛い→俺は付き合いたい

というような安易な考え方は余裕のある姿勢でもなんでもないんだよな。

結局は、

相手を受け入れようと言う姿勢があることを主張出来るか

だと思うんです。

具体的にどういうトークをしていくかなんだけど、

例えば、僕は営業職なんで、営業の時に言うんですが、

「結局はお客様が使って頂いて喜んで頂けるかだと思うんですよね。

割と営業の人ってノルマとかあるから、とにかく売ろうとする人いて、
他社さんでも変な製品買ってしまったりしている例があるんですけど、
結局は1回買って終わりみたいになってたら、意味ないと思うんですよね。
買う側も買う側だとは思うんですが。

うちは他社より価格高いですけど、その代り品質にこだわってて良い製品なんで、
買っているお客様は継続して買ってくれてます。」

正直、自分の姿勢を示して、他の方の姿勢をは違うことを説明して、
そして提案する。

そうじゃないと他社より価格が高い物とかマジで売れないんですよね。

これを例えば対、女の子に応用してみると、

「美人だし、男とかいっぱい寄ってくるから男のこと信用してない感じするよね?」

→そうねって大体言ってくる

「俺も女とか適当にセックスばっかする奴いっぱいいるし、そういう奴は興味ないかな。
けどまぁ自分が良いと思った人ならセックスしますってタイプの女の子は大体良い子だと思う。」

→こういう人は嫌い、こういう人は好きってもってくと、私もそう思う。って流れ作れる
 それに、YESの論理で、YESを言うようにもっていくろ、更に流れを作り易い

「あなた、浮気とかしなさそうなタイプだけど、けどまぁ良いなって思う人とはやったりとかするタイプでしょ?
俺もそういうタイプだから何か似てる感じするなって思う」

→似てるねって言われると、そうだねって返してしまうことが高い

などなど、

相手を肯定する流れと、セックスすることが悪くないことを肯定する流れ、
後は、相手の本音を引き出す流れを作っていくことが、
特に男慣れしている女の子を落とす秘訣だと思う。

ただ、食い付き上げることが、セックスに繋がらないこともある。
セックスしたら好きになってしまいそうだからイヤだグダなどもある。

けど、僕的にはせっかくだったら他の男との違うようなやり方で、
女性と対峙してみること、大切なんじゃないかなと思うんです。